たいよう鍼灸整骨院の腰痛(慢性腰痛・ぎっくり腰)施術

TEL
web予約

根本改善

腰痛(慢性腰痛・ぎっくり腰)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝起きると腰が固まり動きづらい。
  • 仕事中に腰に負担がかかる姿勢、動きが多い。
  • 過去にぎっくり腰を経験している。
  • 寝たら回復する程度の腰痛がしばらく続いている。

このような腰痛(慢性腰痛・ぎっくり腰)のお悩みがございましたら足立区のたいよう鍼灸整骨院までご相談下さい。

腰痛(慢性腰痛・ぎっくり腰)とは?|足立区五反野 たいよう鍼灸整骨院

腰痛とは、腰周囲の「関節」「筋肉」「靭帯」「骨」「神経」に負荷がかかり急性、または慢性的に痛むことの総称です。

日常的に一定の強さの痛みがでるものを「慢性腰痛」

不意の動作などで急激に痛みが発生するものを「急性腰痛(ぎっくり腰)」

といいます。

腰痛(慢性腰痛・ぎっくり腰)の原因|足立区五反野 たいよう鍼灸整骨院

腰痛は基本的に「日常生活の疲労の蓄積」によって発生します。

例えば、デスクワークや立ち仕事で同じ姿勢を長くとる事によって、腰周囲の筋肉や関節に負荷がかかりその疲労が蓄積されると腰回りの動きや重だるさ、疲労感を感じる「慢性腰痛」になり、その蓄積された疲労を放置し硬くなった筋肉・関節を動かした際に強く痛めてしまうものを「急性腰痛(ぎっくり腰)」と言います。

腰痛治療で大事なのは、しっかりと痛みの状態を把握することです。

「いつ」「何をしたとき」「どの部分が」「どれくらい痛い」のかによってどこが損傷してるのかや治療方法、治療期間が変わってきます。

腰痛(慢性腰痛・ぎっくり腰)を放置すると|足立区五反野 たいよう鍼灸整骨院

慢性腰痛、急性腰痛共に長期間放置してしまうと将来的に「椎間板ヘルニア」「腰椎分離症」「腰椎すべり症」「脊柱管狭窄症」などの変性性の腰痛症の原因になってしまうことがあります。

そのため、症状の軽いうちに治療を行っていくことが重要になります。

腰痛(慢性腰痛・ぎっくり腰)の施術方法|足立区五反野 たいよう鍼灸整骨院

炎症がある場合はアイシング、炎症がなければ温める。を徹底し、「マッサージ」「鍼」「電気鍼」「ハイボルト」で原因組織に刺激を入れ回復力を高めます。

痛みが引いてきたら「全身整体」「EMS」「らくとれ」で骨格や筋肉の硬さ、筋トレで根本治療をめざしていきます。

治療期間、治療頻度について

受傷から1~2週間の「炎症期・発作期」では治療後は楽だけどすぐに痛みが再発してしまうことが多いですが、だからといって治療が無駄というわけではありません。

この時期にどれだけ良い治療をするかによってその後の治り方が違ってしまうくらい大事な時期なので、症状が緩和してくるまで積極的な治療が大切です。

その為には強い痛みがひくまで週3回以上の治療が効果的です。

受傷から2~4週間の「拘縮期」では治療後2~3日は楽だけどだんだん痛みが戻ってきてしまうことが多いです。

その為に週2~3回の治療を行い、なるべく痛みが再発しない状態を維持することが大切です。

また、拘縮期では治療と共により早く治すために患者さんご自身でストレッチや体操などのセルフメンテナンスが重要になります。

拘縮期にどれだけ努力してセルフメンテナンスができるかによって、この後の「回復期」への移行がはやくなります。

受傷から3~4週の「回復期」では基本的には痛みは出現しないが、特定の動きでの痛みがあることや、痛みまではいかないが、患部の違和感や重だるいような重圧感があります。

ここまで回復してくれば症状緩解まであと一歩です!

週1~2回の治療を行い、気になる患部の回復を促進します。

また、回復期では治療と共にストレッチやトレーニング、運動などのセルフメンテナンスが必要になります。

一度痛めてしまった組織は硬くなり、萎縮してしまいます。

よく「少し良くなったんだけどまた再発してきた」といった声を聞きますが、そういった方はその硬くなり萎縮してしまった組織をそのままにしてしまっていることが多いです。

しっかりと治すためには最後のセルフメンテナンスが最重要で、患部の治療よりもセルフメンテナンスの方が重要といった意見もあるくらいです。

「そんなこと言われてもセルフメンテナンスのやり方なんてわからない…」そういった患者さんにしっかりとメンテナンスの方法をお教えしますのでご安心ください!

自宅で行える腰痛ケア|足立区五反野 たいよう鍼灸整骨院

自宅でできる腰痛ケアとしては、療養と通院の2点が必要になってきます。
症状が改善されても、ゆっくりと復帰し、無理な運動や活動を避けることが重要です。
症状が重い場合、長引く場合、または他の症状と共に現れる場合は、必ずおいけ接骨院の診察を受けてください。腰痛は、適切なケアと注意を払うことで回復が期待できます。当院の施術師が施術、アドバイスをさせていただきます。ぜひ足立区五反野 たいよう鍼灸整骨へおこしください!

当院の治療回数の目安

Q&A(よくあるご質問)

Q:保険はつかえますか?

A:受傷してから2週間以内(痛みが強くなってからでも可能な場合有り)に来院いただければ保険での診療が可能です。

2週間以上経過してから来院されると、緊急性がない症状と判断されてしまう場合があります。痛みが出現して72時間は組織の回復力が高い為、放置しても良くなる場合がありますが、72時間経過すると組織の回復力が低下するため、3日様子をみても変わらない場合はなるべく早くご来院ください。

Q:どれくらいで治りますか?

A:損傷度合・年齢・部位・日常生活の過ごし方によって回復の個人差があります。

治療後一時的に良くなっても治っているわけでなく、痛みが軽減しているだけなのでしっかりと良くするためにはある程度、治療を継続する必要性があります。

ですが、傾向として5~10回の施術で変化がみられることが多いと思います。

Q:忙しくてなかなか通院できないのですが…

A:みなさんそれぞれお忙しいのはわかっています!ですが、痛みをしっかりと良くするためには継続した施術が不可欠です。せめて痛みのひどい時だけでも施術に来て欲しい…というのは本音ですが、それでもお時間がつくれない方には、おうちでできるストレッチ・運動療法・日常生活で気を付けることをお教えしますのでとにかく一度来ていただければと思います。

Q:腰痛は治りますか?

A:腰痛にはぎっくり腰のような急に痛みが発生する「急性腰痛」と、日常の疲労が積み重なって発生する「慢性腰痛」があります。 急性腰痛は軽度で3. 4日、重度で1〜2週で緩和し、慢性腰痛は大体1〜2週間で改善が見込めます。 ですが痛みを改善するのも大事ですが、その後痛みが再発しない身体づくりをしないと痛みはすぐに再発してしまいます。 痛みが再発しないような身体づくりをする場合、最低でも3か月必要です。 もちろん痛みが再発しないようなトレーニングやセルフメンテナンスの指導はさせていただきます!

Q:腰痛はどんな治療をしますか?

A:まずはマッサージで患部を中心に身体全体の筋肉を緩め、骨盤や背骨の矯正を行います。マッサージだけでは効果が出ないような頑固な肩こりには実費治療ですが、鍼や特殊電気をおこない改善をはかります。腰痛の大きな原因の一つとして、インナーマッスルの低下が考えられます。そういった方にはそれを解決できる「楽トレ」をご案内しています。

こんな症状かも

ぎっくり腰

ぎっくり腰

ヘルニア

ヘルニア

坐骨神経痛

坐骨神経痛

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症

筋筋膜性腰痛

筋筋膜性腰痛

お問い合わせはこちら

  • 足立区五反野 たいよう鍼灸整骨院
  • web予約
  • LINE予約
院名
足立区五反野
たいよう鍼灸整骨院
住所
〒121-0011
東京都足立区中央本町3-4-1
アクセス
五反野駅から徒歩10分
梅島駅から徒歩12分
診療時間

HOME

アクセス・料金

初めての方へ

よくある質問

推薦者の方からのお声

WEB予約

症状ブログ

スタッフブログ

採用情報

こんな症状ありませんか?

症状別メニュー【頭・首】

  • line